メンバー

教員

木村 伸吾

教授・農学博士

専門は海洋環境学で、特に海洋環境学・水産海洋学に関して外洋・沿岸にわたる幅広い研究業績があります。担当専攻は、新領域創成科学研究科自然環境学専攻および、農学生命科学研究科水圏生物科学専攻です。

http://www.k.u-tokyo.ac.jp/pros/person/shingo_kimura/shingo_kimura.htm

山本 光夫

特任准教授・博士(工学)

専門は環境化学工学で、鉄を利用した藻場修復・造成技術の開発、沿岸域における鉄をはじめとした物質動態評価など、環境技術と沿岸生態系保全に関する研究を行っています。

海洋アライアンス連携分野

三宅 陽一

助教・博士(農学)

専門は水産海洋学で、水産資源生物の生活史初期における輸送や加入機構、海洋保護区の有効性について研究を進めています。

研究員

西川 悠

外来研究員・博士(理学)

イワシ類などの小型浮魚を対象に、環境変動が資源量変動に及ぼす影響を研究しています。

朱 夢瑶 (Zhu Mengyao)

特任研究員

対馬海流域・丹後海域における流動環境に関する研究

大学院生

熊 観梅(Hsiung Kuan-Mei)

自然環境学専攻・D3

仔魚輸送期間・経路に対する温暖化の影響

尹 盛乐 (Yin Shengle)

自然環境学専攻・D3

Atlantis生態系モデルによる丹後海における持続可能な漁業生産の評価

恩田 拓尭

自然環境学専攻・D3

北赤道海流域における仔稚魚の分布特性と種間関係に関する研究

羽根 由里奈

自然環境学専攻・D1

耳石の酸素安定同位体比分析によるクロマグロの産卵水温の推定

 

荒井 考磨

自然環境学専攻・D1

河川におけるニホンウナギの自然分布に関する研究

 

阿部 英晃

水圏生物科学専攻・M1

相模湾における水産重要種幼生の輸送分散過程に関する研究

 

岡田 恵治

水圏生物科学専攻・M1

耳石安定同位体比を用いた日本海におけるヒラメの来遊機構に関する研究

 

上田 萌人

水圏生物科学専攻・M1

生息環境の土地利用の違いによる東日本における二ホンウナギの分布特性について

 

中津川 賢人

自然環境学専攻・M1

漁業データに基づくビンナガ・キハダ・メバチの海洋環境と関連した時空間変動

 

鈴木 沙知

自然環境学専攻・M1

耳石安定同位体比を用いたクロマグロの回遊に関する研究

 

王 子軒

自然環境学専攻

 

王 淑蘭

自然環境学専攻

過去の在籍者

竹茂 愛吾

2014年3月 新領域創成科学研究科博士課程修了 

~2017年3月 特任研究員として在籍

博士論文:Studies on effects of climate change on ocean environment and fisheries resources in the western coast of Kyushu

現所属: 水産総合研究センター 国際水産資源研究所

 

筒井 舞

2017年3月 新領域創成科学研究科修士課程修了 

修士論文: 耳石酸素安定同位体比を用いたヒラメの個体群識別の検討

現所属: 大阪府庁 

 

米田 彬史

2017年3月 農学生命科学研究科修士課程修了 

修士論文: 耳石安定同位体比を用いた日本における二ホンウナギの分布に関する研究

現所属: 株式会社デンソー 

山口 聖

2016年4月~2017年2月 学術支援職員として在籍

現所属: 佐賀県有明水産振興センター

板倉 光

2014年3月 新領域創成科学研究科博士課程修了 

~2016年3月 特任研究員として在籍 

博士論文:人為的環境改変と関連したニホンウナギの資源生態学的研究 

現所属:神戸大学 理学研究科生物学専攻 日本学術振興会特別研究員(PD)

許 諧(Xu Xie)

2015年3月 新領域創成科学研究科修士課程修了 

修士論文:遊泳能力を考慮したニホンウナギ仔稚魚の回遊過程に関する研究

現所属:株式会社新生銀行 

牧原 渉

2015年3月 新領域創成科学研究科修士課程修了 

修士論文:北赤道海流域における動物プランクトン群集の構造および分布特性

現所属:日本放送協会 

 

千葉 剣之介

2015年3月 新領域創成科学研究科修士課程修了 

修士論文:環境変動が日本海におけるクロマグロの分布に与える影響

現所属:東京電力 

今井 和子

2014年3月 新領域創成科学研究科修士課程修了 

修士論文:ニホンウナギの仔魚輸送に関わる北赤道海流分布域の海洋構造の特徴

現所属:(株)ピーエスシー

甲斐野(永沼) 翼

2014年3月 新領域創成科学研究科修士課程修了 

修士論文:利根川におけるニホンウナギの分布に与える環境改変の影響

現所属:東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)

松本 隆之・博士(農学)

~2013年3月外来研究員として在籍 2013年9月論文博士として学位取得

博士論文:アーカイバルタグによる西部北太平洋におけるメバチおよびキハダの遊泳行動

現所属:水産総合研究センター 国際水産資源研究所

日野 晴彦

2013年新領域創成科学研究科在籍

研究テーマ:アーカイバルタグデータを用いたメバチ(Thunnus obesus)の体温調節機構の解明

現所属:東京都庁

矢倉 浅黄

2013年3月 農学生命科学研究科修士課程修了

修士論文:伊勢湾域におけるマアナゴ仔魚来遊量変動と環境要因

現所属:宮城県庁

北川 貴士・博士(農学)

生物海洋学分野・元助教

専門は海洋環境学で、環境変動がクロマグロの分布・行動に及ぼす影響について研究を行っています。

現所属:東京大学大気海洋研究所・准教授

http://www.takashik80.com/

宮崎 幸恵・博士(環境学)

2012年9月 新領域創成科学研究科博士課程修了 

博士論文:安定同位体分析に基づく西部太平洋に生息するウナギ目幼生の餌料環境とニホンウナギの栄養段階に関する研究

現所属:リクルート

Diane Cambrillat [交換留学生]

Agro Paris Tech, Paris Institute of Technology for Life, Food and Environmental Sciences・Master

A food habits analysis based on stable isotope ratios of carbon and nitrogen

在籍期間:2012年1月-7月

下出 信次・博士(理学)

~2012年3月 特任准教授(海洋生物圏環境学分野・海洋アライアンス連携分野)

カイアシ類の分類および生態研究・海洋キャリアパス形成と人材育成

現所属:横浜国立大学環境情報研究院・准教授

中嶋 泰三

2012年3月 新領域創成科学研究科修士課程修了

修士論文:水温がクロマグロ卵仔魚の孵化・成長・生残に与える影響

現所属:住友商事

森岡 裕詞

2012年3月 新領域創成科学研究科 単位取得退学 

英国メナイ海峡におけるヨーロッパイガイ(Mytilus edulis)の生産機構に関する研究

現所属:海上保安庁

銭本 慧・博士(環境学)

2011年9月 新領域創成科学研究科博士課程修了

博士論文:Larval transport of anguillid eels in the Pacific and Atlantic in relation to oceanic environmental fluctuations

現所属:合同会社 フラットアワー

Daniel Ophof [交換留学生]

Wageningen University, Marine Environmental Science・Master

クロマグロ幼魚と仔魚における酸素安定同位体比の比較

在籍期間:2011年7月-2012年1月

青木 良徳

2011年3月 新領域創成科学研究科修士課程修了

修士論文:小型記録計を用いたキハダThunnus albacaresの鉛直遊泳行動の解明

現所属:東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程

魚里 怜那

2011年3月 新領域創成科学研究科修士課程修了

修士論文:クロマグロの水温環境履歴の解明に向けた耳石δ18Oの有効性に関する研究

現所属:奈良テレビ

塩崎 麻由

2011年3月 農学生命科学研究科修士課程修了

修士論文:黒潮流路変動と関連したニホンウナギの浜名湖への来遊機構に関する研究

現所属:水産総合研究センター開発調査センター

長田 暁子

2010年9月 新領域創成科学研究科修士課程修了

修士論文:頭蓋骨の形態に基づく北海道産出マグロ属魚類化石の同定

現所属:水産総合研究センター 国際水産資源研究所 くろまぐろ資源部

溝呂木 奈緒

2010年3月 新領域創成科学研究科修士課程修了

修士論文:地球温暖化に伴う水温上昇がクロマグロ(Thunnus orientalis)の初期生残に及ぼす影響

三宅 陽一・博士(農学)

2010年3月農学生命研究科博士課程修了

博士論文:Studies on larval dispersal processes of large abalone in relation to establishment of harvest refugia —保護区設定に係る大型アワビ類の幼生分散過程に関する研究—.

現所属:東京大学大学院新領域創成科学研究科/大気海洋研究所 助教

日高 清隆・博士(農学)

2008年9月~2009年3月 受託研究員として在籍

現所属:水産総合研究センター 中央水産研究所 海洋生産部

加藤 慶樹・博士(農学)

2008年3月 農学生命研究科博士課程修了

博士論文:クロマグロの初期生活史における物理環境と関連した生残機構に関する研究

現所属:水産総合研究センター 東北区水産研究所

山岡 直樹

2008 年3月 新領域創成科学研究科修士課程修了

修士論文:地球温暖化がクロマグロおよびウナギの初期生活史に与える影響

現所属:経済産業省

吉田 尚郁・博士(農学)

~2007年3月農学特定研究員として在籍

現所属:環日本海環境協力センター

金熙容(KIM Hee-Yong)・博士(農学)

~2007年3月日本学術振興会特別研究員として在籍

現所属:National Fisheries Research and Development Institute (韓国)